« 2011年4月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年5月

2011年5月16日 (月)

姫路城と麻婆天津飯

唐突ですが、昔、姫路で2年ほど仕事をしていました。
大阪・高槻市の自宅から通勤して@

関西以外の方は距離感わからないと思うけど、その間100キロ超。
ウチの会社は、全国に薄ーく拠点が散らばっていていて近所基本の割りに、
(わたしゃ特殊なワザもないのに)かなり遠い通勤。

そんで、生意気にも新幹線通勤bullettrainなんぞしてました。

ガラガラのこだま3列シートを占有して横になったりしてね^^;;

身に付けているモノの中で一番高価なものは、
時計でもスーツでもなく、
3ヶ月23万8千円の定期券!!

定期でなくフツーに切符買ったら往復で8千円以上@
駅に着いてから定期券忘れたのに気づこうもんなら、それはもう、

仮病しかないです
(定期券、カバン中で厳重管理してたからその機会なかったけど・・)

遠い!と文句言いたかったとこですが、当時の上司2人も新幹線通勤で言えず。
私入れた3人合計して、通勤費3ヶ月で100万円弱で年間400万円近く。
新人一人雇えますね。
会社には金銭感覚おかしいんじゃねーか、いや、厳しい時勢考えた人事を、
して欲しい、と、思うところです。

0

前置きが長くなりました。

その姫路にいてたときによくランチに行っていた中華料理店で、
クセになっていたのが『麻婆天津飯』たるメニュー。
急に懐かしいそのメニューが食べたくなり、
今回のソロツーの目的地は姫路に決定!!

0

ルートは、亀岡・篠山を経由する山道、国道372号線。9時スタート!

2週間前も走りました、花の写真は前回写真撮らずに通過し後悔してた
篠山の民家外壁。

Img_0146b_2

Img_0142b_2

0

3時間あまりで姫路の中華料理店に到着。

で、そのクセになる麻婆天津飯はこれだ、1goodgoodgood

Img_0151b_2

辛そうでしょ、ね、めちゃくちゃ辛そうでしょ?

初めて食べたときにはとても完食できず、二度と頼むものか、と思ったけど、
完食に挑戦したかったのと、なぜか惹かれるその刺激的な味。

結局、当時は週一で食べてましたね、もちろん完食。

このボリューム、写真のお茶とスープセットで650円、
なんと同額でお茶はビールに変更可。
(もちろん、ツーリング中にビールは厳禁!)

久しぶりぶりの挑戦、完食はしたけど私の胃袋を質量でKO@

満腹感すごいのと、カロリー考えると今日の食事は終了か。。

0

腹ごなしに姫路城散策、しかしなんと天守閣改修中・・

Img_0152b

せっかくの国宝が・・、なので姫路在任中に撮った写真↓

Cimg0252b

こんなのを毎日見て、この下で花見ができる・・贅沢でしたね。

0

帰路は山道ではなく海辺ルートを選択☆

明石を通りました。

Img_0166b

なので、明石焼きを食べることに!!

(満腹とカロリーオーバーで今日は終了では・・!?)

Img_0160b

食べ方はこうだそうです↓

Img_0156b

0

誘惑に弱いと言わないで頂きたい!

明石焼きを食べずに明石を通過すると、

蛸の霊が憑いて来そうな気がして、

胃袋にもうひと頑張りしてもらった^^;;

0

明石海峡大橋ふもとはやや夕暮れ、いい雰囲気でした☆
(写真のカッポーはもちろん私にあらず、うらやましい・・)

Img_0168b

0

帰宅後、食卓に好物のコロッケがあり私の胃袋はさらに頑張った。。。

食べないとイモの霊が・・あ、もういいですか?

0

pencilここまでの走行15,135キロ

0

↓私の胃袋を応援して下さいませ^^;;

にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 8日 (日)

大型バイク艦隊相手に、粘りくらいつき・・・

話はさかのぼること2週間前。

仕事を終えて大阪駅前呑み屋街で飲み歩いていた私は、
同じく飲み歩いていた会社先輩2名と出くわし合流し共にさらに飲む。

かねてからバイク談義をしていた間柄でしたが、
酔いの回った私は初めて共に走る5/7会社バイク部ツーに触れて、

「二人とも、5/7、ぶち抜いてやりますわー!」

と暴言。
ちなみに二人のマシンは
ハーレー・ダビッドソンCB1300・・・

0

そんなこんなで迎えた5/7の朝、
二日酔いと寝不足、ソロ・ツーなら間違いなくリタイアな体調で出発@
(ツーリングは万全な準備と体調管理を心がけましょう)

集合場所では、まず前述の二人の先輩に丁重に謝罪、ははは。。
(だって、抜けるわけないもん・・・)
同じ会社でありながら初めて会う人も。
それぞれの愛車を確認せずまま出発、
最初の休憩場所で参加者10名10台の全容が明らかに☆

ドドン!

Img_0109b

ハーレー3台、BMW2台、ドゥカ1台・・
国産車勢もCB1300はじめ、ビンテージ車等、高級車揃い。
0

セレブのツーリングかい!?

ウチの会社、そんなに給料いいの!?

(オレはそんな高級車買えるほどもらってないよ・・)

0

北上しランチは道の駅・舟屋の里 伊根で。
伊根湾とレストラン♪

Img_0113b

Img_0118b

メニューは海鮮丼1,500円也。

Img_0117b

間違えてソースをかけてしまうという大失敗@
(ちゃんと真ん中に醤油が置いてあるのに・・)

フツーに食べればかなり美味しいと思います T▽T

0

その後、日本海を左手横目に爽快に走り舞鶴へ。

近畿百景の第一位、五老ヶ岳公園へ。
鯉のぼりがたくさんあがっていました。

Img_0124bb

Img_0126bb 

伊根湾もキレイでしたが、ここもさすがの絶景☆

0

ここが最終目的地なので記念撮影。

憧れの横一列集合写真♪
ホント、こういう写真が欲
しかったんすよねwww

Img_0139b

0

・・が、家帰って写真を確かめて見ると、

自分が写っていない!!

(右から3台目の赤Ninjaの後ろに立っていたはず・・)

どうやら、セルフタイマーにセットできてなくって、
フツーにシャッターを切ったようだ@

確かに、みんなリラックスした“いい顔”してるや。。
とほほ・・・

0

ツーとしてはここで終了、サミダレ解散ということでー

0

コースをまとめると、

自宅→中国道・赤松PA→舞鶴若狭自動車道→道の駅・伊根→
五老ヶ岳公園→綾部JCT(ここで私は離脱)→京都縦貫道→自宅

380キロ、いいコースでした。

ただ、高速区間は合計200キロ弱。
結構隊列のペース速い・・・
大型バイク艦隊は余裕だけど、
私は常に7千回転、追越しでは1万回転ーーー。
(この話にみんなは余裕の笑みでした、ちっ・・@)

正直、粘ってくらいつくので必死。下道では問題ないけど。
鱒ツーは楽しいけど、高速で離脱しマイペースになってほっとしたのも事実。

しかーし、私はここで大型に向かうのではなく、まだまだ250Rで粘るのだ。

納豆走法で(このワード、覚えている人いるやろか・・・?)

0

とりあえず、明日会社に行ったらみんなの給料確認してやる!
(きっと、何の問題もないでしょうね・・・)

にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年5月 5日 (木)

走って撮って、走って撮って・・

Img_0045b 

0

GWの中盤、5月3日~5日3連休。

基本的に人混みが苦手な私、最も人が多かろうこの3日間は、
baseball巨×神デーゲーム3連戦onTVで、昼からビールと共に過ごす、
と決めておりました、、がっ、

大型バイク艦隊、ハイペースな会社バイク部(?)おっさんツーが
7日に開催されることに・・・

置いてけぼりになりたくないので、トレーニング・ツー本日決行☆

0

てなわけで早起きして走り出したんすけど、
なぜか景色の木々や花がいつも以上に目に入ってくる。

殺伐とした仕事が続いたからかのう(涙)
走ることもさることながら、写真撮ることが楽しくなってきた。

当初の目的はどこへやら、走って撮って、走って撮ってのツーに^^;;

0

コースは慣れた亀岡~北摂。

街道はまだ桜がさいているところもありました。
(いつもよりクリックした写真サイズは大きめです☆)

Img_0042b 

Img_0047b 

Img_0052b 

Img_0070b 

Img_0073b 

Img_0076b 

Img_0081b 

能勢のカフェで休憩。

いつもは美味いカレーを食べるけど、
今日は時間早いのでチャイで一服♪

天気いいのでテラスの席で。
看板犬が私の足元でゴロゴロ・・・

Img_0099b 

Img_0090b 

Img_0095b 

あとは一庫ダムを通って帰路についた。

Img_0107b 

0

写真だらけになりました(笑)。

うーん、もう少し奥行き感のある写真が撮りたいけどね。
5年前の中古品
とはいえ、一応当時のハイエンド・コンデジなんだけど@

これがコンデジの限界かな。。

・・・ テメーの腕の限界だよ、とは言わないこと!

0
明後日は気合入れて走りますー。

にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年12月 »